城北コーポレーション株式会社
09:00~21:00
なし
2019年11月12日
文京区の情報

本枯中華そば 魚雷

久しぶりの文京ランチです。

「本枯中華そば 魚雷」さんは、知ってはおりましたが、なかなか伺う機会が無かったのですが、やっと行くことが出来ました。

どんなラーメンが食べられるのでしょうか?

今日のランチ

本日お伺いしたのは、「本枯中華そば 魚雷」さんです。

「魚雷」という言葉は私にとって、とても身近な言葉でした。海上自衛隊に勤めていた時には、魚雷をどうやって正確に発射するかをいつも考えていましたから、一時期は魚雷のことばかり考えていましたよ。

まあ、そんなことはどうでもいいので、ラーメンの話に戻りましょう。

 

伺ったのは、早めの11時30分頃で、先客は4人。

店内に入るとすぐ右側に食券販売機があります。店内は鰹節のいい匂いでいっぱいです。

食券機はチョット苦手です。後ろに人が並んでいるとプレッシャーになってしまうので、うかうかしてられません。でもこの日は後ろの人がいなかったので、ゆっくり選べる。と思いきや、この券売機にはヒントがほとんどありません。

大きなボタンには

・本枯中華そば:790円

・旨玉中華そば:910円

・特選中華そば:1,000円

・炙り中華そば:1,150円

・稲庭中華そば:850円

・王様中華そば:900円

・和え玉:200円(←これだけ説明あり)

・豚玉本枯めし:380円

だけですので、何を頼んでいいのやら、まったくわかりません。

 

気を取り直して、基本を思い出し、左上の「本枯中華そば」を選択。

広々としたカウンターに案内され、座ったところで店員さんが「具材は何にしますか?」とこのメニューを見せてくれました。

具材を選べるとは思っていなかったので、不意を突かれました。

いつもメニューを決められない私にとって、難しい質問です。

なので、上から3つ順番にお願いしました。

ひと段落落ち着いて、店内を見渡すと、喫茶店のようにサイフォンがズラリと並んでいます。サイフォンを使って、鰹節の出汁を取っているのですね。でも、手間がかかって大変そうです。美味しいものを作るのは大変です。

しばらくすると、ラーメンのより先に具材が運ばれてきました。

ねぎ(右上)、豚バラチャーシュー(左上)、鶏チャーシュー(右下)、姫たけのこ(左下)です。

ラーメンに乗っかってくるわけではないのですね。ビールとこれだけでもいいななんて、しょうもないことを考えていたら、ラーメンの登場です。

見るからにおいしそうです。

麺は少し茶色で、日本そばのようにも見えます。全粒粉でしょうかね。

食べてみると、あっさりおいしいラーメンです。好きな味です。

麺の色、太さ、縮れなし、そして鰹の利いた出汁のおかげか、ラーメン・中華そばの日本そば寄りです。

蕎麦とラーメンの中間と言えばいいんでしょうか、初めて食べた味です。

麺の長さもすするには丁度いい長さでした。

あっという間に、完食。スープもあっさりおいしくて、全部飲んでしまいました!

基本情報

「本枯中華そば 魚雷」さんは、都営三田線春日駅A5出口から徒歩2分で、こんにゃく閻魔で有名な源覚寺の近くです。

住所は 文京区小石川1-8-6  下記マップ参照

営業時間は

11:00~15:00

18:00~23:00

定休日:水曜日

席数13席(4人テーブル×2、2人テーブル×1、カウンター×3)

 

最後になりましたが、魚雷さんは、食べログの点数が3.74で有名店です。

有名店の中には”食わせてやる”感が出ているお店も中にはありますが、魚雷さんはそんなことは一切なく、接客もとっても良いお店です。

「いらっしゃいませ」、「また来てください」など、みなさんとっても親切ですよ。家族で行っても美味しく楽しく食べられますね。

 

「本枯中華そば 魚雷」さん。

美味しかったです。また行きます!

 

以上、城北コーポレーションでした。

この記事を書いた人
敦賀 宣夫 ツルガ  ノブオ
敦賀 宣夫
文京区在住の元自衛隊員(海上自衛官)です。 単に安さだけを追求する会社ではなく、お客様と地域から信頼され、お客様と一生のお付き合いができる会社を目指しています。 当社は決して怪しい会社ではありません(笑)ので、安心してお問い合わせください。お部屋探しを全力でサポートします。
arrow_upward