城北コーポレーション株式会社
09:00~21:00
なし
2019年07月27日
マンション

購入時の諸費用

家(マンション)を買うとき、そのものの金額の他に「諸費用」がかかります。

かなりの額になります。

諸費用まで見越しておかないと、お金が足りない!なんてことにもなります。

しっかり(心とお金の)準備をしておきましょう。

融資手数料

以前の記事「お金を借りるのにお金が必要です。」で書きましたが、

3,000万円借りた場合は、70万円くらい

5,000万円借りた場合は、110万円くらい

かかります。

各種税金

税金はどうしてもかかります。

①印紙税

②登録免許税

③不動産取得税

というところです。

 

①の印紙税は、価格が

1000万円超~5000万円以下:1万円

5000万円超~1億円以下:3万円

かかります。(本日現在)

 

②の登録免許税は、司法書士さんが土地・建物の名義を買主に移転する登記や、住宅ローンの抵当権設定にかかる税金で、

物件の築年数や、広さ、固定資産税の評価額などで変わります。もちろんどの司法書士さんでも同じ金額です。

 

③の不動産取得税は、忘れた頃にやってきます。

この税額も②と同様に物件によって税額は変わりますが、買ってから半年くらいで税務署から納税通知書が届きます。

 

その他、消費税も考えられますが、一般的に住宅の価格は内税表示(税込み表示)なので、あまり考える必要はないと思います。

手数料

①仲介手数料

②登記手数料

 

①は不動産屋の報酬で、

(物件価格×0.03+60,000)×消費税です。 ←最大額

②は、司法書士さんの報酬で、その人(事務所)によって金額は異なります。

団体信用生命保険料

団体信用生命保険料は、本人がローン中に亡くなったときに「借金がチャラ」になるもので、加入が義務付けられています。

これは、いくら払うというものではなく、既に含まれていて、目に見えない経費です。

ただ、亡くなった場合にのみ保険が出るものの他、がんになったら出るものや、寝たきりになったら出るものなどあって、

保証が手厚くなればなるほど、金利がプラスされます。

保険料

①火災保険料

②地震保険料

 

①と②はセットになりますが、保険会社と契約します。この金額も物件や地域、保険会社で保険料は異なります。

清算金

①固定資産税清算金

②管理費・積立修繕金清算金

 

①は、1月1日時点の持ち主に税務署は請求するので、7月1日に引き渡した場合、売主と買主で半分ずつ税金を払うべき。ということで、買主から売主に日割りで清算するものです。

②も毎月は払っているものを清算するものです。

ここまでいくら

買う具体的な物件がないと、金額は出ませんが、

物件価格の7%で見ておけば、問題ありません。

税金はさておき、その他は削ろうと思えば削る方法もありますので、不動産屋に相談してみてください。

でも、7%って大きいですよ。数百万円になりますから。

まだあります

実は、まだあります。

①引越代

②家具代金等

 

①引越はしなければならないですよね。

特に最近は年度末の引っ越し代金の高騰は顕著ですね。倍以上しますよ。

年度末を避けて、安くなってから引越しましょう。

 

②は結構かかります。

エアコンとカーテンは必要なので、購入しますよね。カーテンは既製品が合わない窓も結構あるので、オーダーしなければならないときもあります。

購入を決めたら、窓のサイズは早いうちに測りましょう。

まとめ

諸費用はかなり必要ですね。

頭金と諸費用を計算すると、目まいするくらいの金額になることもあります。

でも、手持の貯金を全部使わないでくださいね。

人生何が起こるかわかりませんから、何かのために現金を取っておくことも必要です。

 

住宅ローンによっては、諸費用も含んで融資してくれるところもあります。

諸費用まで借りろという訳ではありませんが、しっかり家族会議をして決めるべきでしょう。

家族がお金のことで揉めるのは不幸です。どうせ揉めるなら目玉焼きに醤油かソースかぐらいにとどめておきましょう。

はい。最後は余計でした。

 

以上、城北コーポレーションでした。

この記事を書いた人
敦賀 宣夫 ツルガ  ノブオ
敦賀 宣夫
文京区在住の元自衛隊員(海上自衛官)です。 単に安さだけを追求する会社ではなく、お客様と地域から信頼され、お客様と一生のお付き合いができる会社を目指しています。 当社は決して怪しい会社ではありません(笑)ので、安心してお問い合わせください。お部屋探しを全力でサポートします。
arrow_upward