城北コーポレーション株式会社
09:00~21:00
なし
2019年08月05日
マンション

リフォームとリノベーション

文京区の不動産店「城北コーポレーション」です。

中古マンションを探していると「リフォーム済み」とか、「リノベーション物件」という単語が出てきます。

両方とも、部屋を直していることは想像できますが、その違いについてはっきりとは分かりませんよね。

今日はリフォームとリノベーションの違いをお知らせします。

結論

今日は最初から結論に入ります。

リフォームとリノベーションは、明確に「こうだ!」という線引きはされていません。

 

境界があいまいなのが現状です。

イメージで言いますと、

【リフォーム】=元に戻すこと。

古くなったものを交換・工事して新築時の状態にする・近づけること。

 

【リノベーション】=作り変えること。

交換・工事により、新築時の価値とは別のものにする・新築以上のものにすること。

 

となります。

したがって、リフォーム済み・リノベーション済みの中古マンションを購入する際は、リフォームなのかリノベーションなのかではなく、

「何をどう改修したのか」という、内容を見る必要があります。

中古マンションのチラシには、

「○○年〇月 キッチン交換」とか

「○○年〇月 間取り変更 3LDK⇒2LDK」などと書かれていますから、

具体的に何をどうしたのかを見てくださいね。

購入時に気を付けること

リフォーム・リノベーション物件を購入する時に気を付けたいことは、普通の中古マンションと同じで、

・新耐震基準か、旧耐震基準か

・マンションの管理状態は良好か

・価格は適切か

という3点です。

リフォーム・リノベーション物件では「価格に工事費用が必ず含まれている。」ので、そのことを踏まえて価格を見てください。

決して、高い物件ばかりではありません。

(価格に工事費用が含まれているのは当たり前の話で、リフォーム・リノベーション物件が割高という意味ではありません。)

 

また、リフォーム・リノベーション物件は、業者が一般の持ち主から部屋を一旦買い取って、リフォーム・リノベーション後に売っていることがあるので、

法的には建物価格に消費税がかかります。

ので、表示価格が税込みか税抜きか(大抵は税込みですが)確認してください。

まとめ

リフォームとリノベーションに明確な線引きはありませんが、具体的にどんな工事を実施したのかという、内容にこだわって見ていけば大丈夫です。

リフォーム・リノベーション物件は、築年数が経過していても中はピカピカで、とってもいい物件の一つと言えます。

リフォーム・リノベーションの内容(出来上がり)が気に入ったならば、購入を検討してもいいと思います。自分で築古の物件を購入してからリフォーム・リノベーションをすることも可能ですが、時間も業者選びの手間もかかります。

工事済みの物件がいいか、自分で工事を発注するのがいいかの答えはありませんが、選択肢の一つにすることは良いことだと思います。

 

リフォーム・リノベーション物件は、一度見てみると、「すごいな。本当にこうなってしまうのか。」と驚きますよ。

 

 

城北コーポレーションは、文京区と周辺区の中古マンションを取扱っています。

売っておしまいではなく、その後のいろいろなご相談にも乗って、長いお付き合いができる不動産屋を目指しています。

お問合せは、ページ上部の「お問合せ」からメールでお願いします。

もちろん、しつこい営業や電話は致しません。安心してください。

(連絡は基本的にメールのみです。)

 

以上、城北コーポレーションでした。

この記事を書いた人
敦賀 宣夫 ツルガ  ノブオ
敦賀 宣夫
文京区在住の元自衛隊員(海上自衛官)です。 単に安さだけを追求する会社ではなく、お客様と地域から信頼され、お客様と一生のお付き合いができる会社を目指しています。 当社は決して怪しい会社ではありません(笑)ので、安心してお問い合わせください。お部屋探しを全力でサポートします。
arrow_upward