城北コーポレーション株式会社
09:00~21:00
なし
2019年08月22日
マンション

大規模修繕の基礎知識

文京区の不動産店「城北コーポレーション」です。

今日は、マンションの大規模修繕についてのお話です。

新築マンションでも10年~15年で大規模修繕が必要になります。修繕をするとしないとでは、建物の寿命が変わるからです。

メンテナンスしなければ、建物の寿命は短くなります。

マンションは何年持つか

マンションの大多数は、鉄筋コンクリート構造(RC造)で建てられています。

RC造は、100年以上持つと言われています。

ただし、適切なメンテナンスをすればです。

 

RC造の建物がダメになっていくのは、

・コンクリートの表面が劣化

・コンクリート内部に水がしみていく

・水が鉄筋まで到達

・鉄筋が錆びて膨張

・コンクリートにひび

という流れです。

逆に言えば、防水さえシッカリとやっておけば、大丈夫ということです。

 

マンションで、築30年と言えば、かなり古い感じがしますが、

「サンシャイン60は、築40年を超えています。」

シッカリ管理すれば、古さも感じないのです。

ちなみに東京都庁は、まもなく築30年越えです。

大規模修繕の内容

防水をシッカリすれば、建物は長持ちするので

・屋上防水

・外壁塗り替え

・外壁補修

・バルコニー防水

・鉄部の塗り替え

は、どんな時期の修繕でも実施します。

水を染み込ませないのが修繕の目的と言っても過言ではありません。

なので、大規模修繕の際には、建物全体に足場を組んで、全部の壁面の補修をします。

 

それらに加えて、

・エレベータの補修、交換

・機械式駐車場の補修、交換

・給排水管、給排水ポンプの補修、交換

が必要になります。

給排水管、給排水ポンプはの故障は、生活に大きく支障をきたし、漏水にもつながるので25年~30年目くらいの2回目の大規模修繕で実施されることが多いです。

工事期間

では、大規模修繕の工事期間はどのくらいかかるのでしょうか。

計画から、終了までは1年以上かかりますが、一般住民にとって気になるのが

工事開始から工事終了までの期間です。

5階建てのマンションか、タワーマンションかでも異なりますので、

14階建て、40~50戸規模のマンションで考えます。

 

①仮設工事・足場架設:2週間

②壁下地補修・コーキング工事:1か月

③防水工事・外壁塗装工事:2か月

くらいかかるので、合計で2~3か月程度になるでしょう。

 

その間、バルコニーで洗濯物を干すのに制限がかかったり、窓の外を工事関係者が通るので、カーテンを閉めっぱなしにしたりと、不便になります。

また、工事の音も生じます。

でも、自分の家を良くするためですから、快く協力しましょう。

まとめ

マンションの大規模修繕は、建物の寿命を守るために必要なものです。

やらなければ、寿命は確実に短くなります。

中古マンションを購入・検討する際は、この大規模修繕がいつ、どんな工事を行ったのか、確実にチェックしなければなりません。

また、今後の大規模修繕の計画についてもチェックしましょう。

このような情報は、仲介不動産会社に言えば、調べてもらえます。

 

 

以上、城北コーポレーションでした。

この記事を書いた人
敦賀 宣夫 ツルガ  ノブオ
敦賀 宣夫
文京区在住の元自衛隊員(海上自衛官)です。 単に安さだけを追求する会社ではなく、お客様と地域から信頼され、お客様と一生のお付き合いができる会社を目指しています。 当社は決して怪しい会社ではありません(笑)ので、安心してお問い合わせください。お部屋探しを全力でサポートします。
arrow_upward